高校生の声大集合 教えてセンパイ!! (16)

進学なんでも相談
高校生の声大集合

【質問】研究室での研究テーマはどのように選ぶのが良いでしょうか?

研究テーマを選ぶ際に、気をつけたほうが良いことはありますか? 

学科:よくある質問:2009/06/22

【回答】 本当に興味のある研究テーマを見つけることが大切

大学の先生は、教育と同様に研究に情熱を燃やしておられ、研究活動にかける時間も少なくありません。そして、その研究テーマですが、理工系分野は、基本的には分かりやすいのが特徴です。それは、人間の生活を豊かに、便利に、安全に、そして環境を改善、保全するための具体的な研究テーマがほとんどだからです。実際に行っていることが基礎研究で地味であっても、その先にあるものは具体的で誰でもが分かる内容です。目的があって研究がある、工学は応用科学なのです。

さて、理工学系には、様々な学部・学科がありますが、先生の研究はさらに様々であり、研究テーマは学科名に縛られないので、そこは注意しておいてください。つまり、自分に興味のある研究テーマは、必ずしも興味のある学科にあるとは限らないということなのです。その意味では、学科にとらわれず、大学の先生の研究テーマを広く調べることは、大切なことでしょう。自分の好きな研究テーマを見つけることができれば、研究のプロセスで次々と出てくるかなりきついハードルを越えることが可能になります。それは、そのまま、皆さんの力をつけることになっていくので、学科名で入り口を絞らずに、広く興味のある研究テーマを見つけてください。
アメリカの大学の話ですが、研究室を持つ先生は、企業から研究費をいかに多く獲得するかが重要な課題となります。優れた研究成果を上げれば、企業はその研究室に多くの研究費を出して、その研究成果を得て利益を上げることにつなげようとするからです。極めて当たり前のことではありますが、研究室の先生にとって、優れた研究成果を上げるために何が必要かと言えば、優秀な学生です。したがって、「我が研究室に所属すれば、月額1000ドルの奨学金を出します」というように、能力のある学生はひっぱりだこになるそうです。大学においての学生は、先生にとって研究の重要なパートナーでもあるということなのです。 

ハピテク:2009/06/22