高校生の声大集合 教えてセンパイ!! (25)

進学なんでも相談
高校生の声大集合

【質問】小・中学生の時には理科が好きだったのですが、進学するうちにいつのまにか点数が落ちていました。

高校に入って苦手意識が出始めたのですが、理系の進学には向いていないのでしょうか。 

勉強法:よくある質問:2009/06/22

【回答】 理数系教科は理工系を学ぶうえでの道具に過ぎない

大学の理工系学部の勉強は、より現実的な世界、つまり人間の生活に直結した課題に関わるものですから、小学生の時に科学イベントに興味を持っていた人は、同じように興味を持って勉強することができるものでしょう。
ですから、大学の勉強を高校の数学、理科の学習の延長線上で考えるのではなく、高校までの数学・理科の学習は理工学を学ぶ上でのツール(道具)として捉えてみてください。大学で理工学を学び、研究をしていくなかで、必要に応じて道具である高校までの学習内容をしっかりと理解していけばよいのです。 

ハピテク2009/06/22

【回答】 小さい頃はみんな理科好き?

全国各地で、そして多くの大学で、理科離れと言われている現象にストップをかけようと様々な子ども向け科学イベントが行われています。文部科学省も、科学への興味を子どもたちに広げるために、いろいろな形で支援し、多様な補助金を用意して、科学、理科イベントの開催を奨励している状況です。また、イベント開催だけでなく、企業でも、科学館を設置し、科学への興味を深める活動をしていることは、皆さんもご存じのことでしょう。
さて、イベント会場に実際に足を運んでみると、かなり多くの参加者で賑わっていて、親子連れの小学生も多く見られます。しかも女子が半数以上、イベントの内容によっては、大半が女子という状況もあるほどです。
このように、小学生の時は、ほとんど全員と言ってよいほど、子どもたちは、科学に、ものづくりに興味を持っています。そして、女子生徒も積極的に参加しています。本来、女子は科学、理科に興味を持っているのであろうと思いますが、それが中学、高等学校へと学年が進むとともに、理系から離れていくことが多いようです。 わかりやすい具体的な科学、理科の世界よりも、中学生、高校生になってから学ぶ観念的で、情緒的、芸術的な世界に興味を持つとか、本格的な数学・理科の勉強が始まると、実験・ものづくりなど具体性のあることが極端に少なくなり、紙と鉛筆が中心の基礎勉強に興味がなくなったとか、理由はいろいろとあるでしょう。 

ハピテク2009/06/22